ことばの羽根

ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~27

前回のお話はこちら A病院へのリハビリの同期入職は理学療法士(PT)5人作業療法士(OT)2人言語聴覚士(ST)私1人ってなかんじだった 同期含めスタッフ間の仲は全体的に良かったのでカルテを書きながらしゃべっていて早く仕 […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~26

前回のお話はこちら 言語聴覚士のM先生は同じ学校出身年齢的には10歳程度?年上の女性の先生結婚はしてみえたが当時お子さんはみえなかった いわゆる「女の人」というかんじの性格では全くなく、さばさばした気持ちの良い人だった姉 […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~25

前回のお話はこちら 私が最初に入職したA病院は35床の回復期リハビリ病棟を含む全100床弱の病院だった(私の記憶が正しければ、だが) 診療科としては内科や産婦人科があった 私は卒業式後、春休みを返上して職場へ行き始めた […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~24

前回のお話はこちら さてSTとして働き始めたA病院にてM先生と出会い、私のST人生は大きく変化していくのだがその前に回復期リハビリ病棟について少し書いていきたいと思う 病院に入院されている患者さんというのは点滴をしている […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~23

前回のお話はこちら さて私が内定をいただいたA病院には当時、非常勤の言語聴覚士の先生がおふたりみえた ひとりは週1回のみの勤務の先生(S先生)もうひとりは私が働き始めるまでの繋ぎのようなかんじで頼まれて平日働きにきている […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~22

前回のお話はこちら さて私はA病院の内定をいただいて4月から働くことになっていた ちなみに当時国家試験の合格発表は4月7日頃だった7日ではなかったかもしれないがとりあえず4月を1週間ほど過ぎてからなのだ つまり4月1日に […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~21

前回のお話はこちら いよいよ国家試験正直なところあまり詳しいことは覚えていないどんな問題だったんだろう・・・今度解いてみたいと思う(笑) 試験が終わった後に指名された5~6人は学校に来るように言われていた 学校側が国家試 […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~20

前回のお話はこちら さてそうこうしているうちに年が明けいよいよ国家試験が近付いてきた 国家試験はかつて私が一年間通っていた某予備校で行われることがわかった通っていたのは数年前とはいえ慣れている場所であったため余計な緊張は […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~19

前回のお話はこちら というわけで私はA病院の就職試験を受けることにした 試験は面接と筆記試験筆記試験といっても医療関連の問題というわけではなく一般常識的なものだったように思う その時の首相や県知事の名前のようなものあとは […]

続きを読む
ブログ
ことばの羽根 ~あるSTの物語~18

前回のお話はこちら そんなわけで私は完全に新設というわけではなかったが非常勤の先輩しかいない言語聴覚士の仕事や立場がまだ確立されていない病院の面接を受けた なぜ私がその病院(A病院としよう)で働こうと思ったか今回はその理 […]

続きを読む