ことばの羽根 ~あるSTの物語~19

前回のお話はこちら

というわけで私はA病院の就職試験を受けることにした

試験は面接と筆記試験
筆記試験といっても医療関連の問題
というわけではなく
一般常識的なものだったように思う

その時の首相や県知事の名前のようなもの
あとは好きな四字熟語を書く
というようなものもあったような気がする

それに加えて言語聴覚士養成校の
成績証明書を提出した

幸い、私はA病院から内定をいただくことができた

まぁ専門学校(言語聴覚士養成校)では
高校時代と違ってかなりまじめに勉強して
成績は良かったし
面接や筆記試験でもヘマしなかったので
たぶん大丈夫だろうと思っていたが。

そういえば学校で面接の練習があって
そのとき面接官役をしてくれた先生に
「目が怖いからもっと笑顔で」
と言われた記憶がある(笑)

まぁそんなわけで秋くらいには
就職先が決まっていたので
心置きなく実習と国家試験勉強に
打ち込むことができたと思う

ありがたい話だ

  続く。

コメントを残す